【目次】『KUMAMOTO』第2号

【『KUMAMOTO』第2号目次】

彫像のある風景 津奈木町(1)  写真・文 鈴木之夫
アーティストの主張 生きてる証を  磯谷精一
県立劇場のロビー壁面より  土肥和子
gajuワールド  松岡志保
私の一枚  二宮弘一
巻頭言 くまもと文化振興会の現状  小山英史
私の文化論 文化力は人間力の源  石原靖
人工多機能性細胞(iPS細胞)研究と死生観  山本哲郎
若者文化 三〇歳の成人式「三益式」 熊本から新しい伝統づくり

読書ノート

  • 漱石・熊本での俳句から ●あざ蓉子ほか編『漱石熊本百句』/菅野隆明
  • 足元の“宝”を伝承する ●末吉駿一『玉(杵)名からのメッセージ』/荒木美知
  • 読書の妙味 ●上村直己『西條八十の見たベルリン五輪』/下川浩哉
  • “義”貫いた将軍家光正室の謎 ●遠藤和子『家光大奥・中の丸の生涯』/佐々瑞雄
  • 沖縄への差別政策の結果 ●田島朝信『沖縄にはなぜ米軍基地が多いのか』/板井優
  • 明治~昭和初期の庶民生活 ●小山良『新聞に見るくまもと庶民のくらし』/栗谷利夫
  • 今こそたどるべき9条の思想水脈 ●山室信一『憲法9条の思想水脈』/寺内大介

創造の現場から

  • 水俣でベートーヴェンの第九を!

特集1 熊本の国際交流

  • 日系移民との「絆」復活を  木原実郎
  • ドイツ 半世紀、友好都市(ハイデルベルク)との友情つむぐ  窪田隆穂
  • イギリス “生みの親”はリデル・ライト  坂口勝彦
  • フランス “文化”に視点据えた交流を展開  櫻井孝一
  • イタリア オペラからファッションまで  中尾憲一
  • ハンガリー “自然体”での友好交流を  大代純市
  • アイルランド 八雲生誕地で清和文楽「雪女」公演を  副島隆
  • 外国人妻の会 異文化が理解できるように  田代クリスティーナ

著者を訪ねて

  • 個性的な人物群像を浮かび上がらせる 『異風者伝』を執筆した井上智重(談)

  • 顧客の要望で干支づくり  永田禮三

クマモトを読む

  • 今、医師は何をすべきか問いかける ●山崎正董纂著『肥後医育史』/河野文夫
  • 師弟愛が生み出した熊本の奇跡 ●『ジェーンス熊本回想』/本田憲之助
  • 自著を語る 「渋柿」の傳松がわが短歌の師  本田節子
  • はじめての三島由紀夫 熊本は三島の第二のふるさと  永田満徳
  • キラリ・人 引き出しでアサリを養殖  藤芳義裕(談)
  • 世界の阿蘇に立野ダムはいらない  緒方紀郎

特集2 徳富蘇峰生誕150年

  • 蘇峰の「皇室中心主義」について  中村青史
  • 敗戦時の徳富蘇峰と余田末人  猪飼隆明
  • 座談会 ザックバラン 蘇峰翁九十五年回顧(『日本談義』より転載)

矢嶋楫子生誕一八〇年

  • 益城に学ぶ女性の歴史  堤英介
  • 矢嶋姉妹を育てた母「鶴子」の周辺  松野國策

人物追跡 木下順二さんの思い出  吉田正憲
本の舞台 人吉は歴史の宝庫  荒木栄司
清正公信仰と現代社会  福西大輔
掘り起こし熊本の歌 「菊池湯の街音頭」「菊池小唄」  上野千代香(談)
工房文化 自家割り込み鍛接にこだわる手打ち包丁 「盛髙鍛冶刃物」盛髙経博(談)
おじさんのピアノ奮戦記 私の出版体験それは一本の電話から始まった an弾手(アンダンテ)
漫画談義 熊本の風土を、そして熊本人の精神性を表現し続けた梶原一騎  橋本博
荘口万太の狂句マンガ
熊本の伝統料理 『熊本藩士のレシピ帖』と『美味熊心』その②  戸次元子
第三六回「孟宗忌」を開催  高木陽助
小説 天翔る  北水杳
映画にキッス 山崎けいの シネエッセー&映画新作紹介
創るシネマ 大地康雄、企画・主演の『じんじん』  上田精一
熊本の古書店史あれこれ(2) 昭和初期の古本屋評判記  河島一夫
医者の独り言 あくしゃ豆  寺岡葵

医療相談室

  • 内科  林田信夫
  • 小児科  中島哲也
  • 産婦人科  三森寛幸
  • 眼科  近藤晶子
  • 歯科  清村正弥

政治の真実を求めて(2) 許されぬ不正選挙  渡邉良明
法の烽火 尊厳死法制化をめぐって  田尻和子
新聞時評 「PM2.5」のはた迷惑  冨田啓一郎
NPO法人くまもと文化振興会への御入会を訴える

2号

表紙絵画/池田道明「荒尾干潟」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です