【目次】『KUMAMOTO』第4号

【『KUMAMOTO』第4号目次】

  • 彫像のある風景 苓北町(如水館) 写真・文 鈴木之夫
  • アーティストの主張 これまでとこれから公募展と個展と 上野豊
  • 県立劇場のロビー壁面より 「自然から学べ」 田代晃三
  • 霧を撮る写真家 山口啓二
  • 私の一枚 水野裕史
  • 巻頭言 終戦記念日はいつ? 中村青史
  • 私の文化論 三角築港にかかわる人の検証に取り組む 斉藤万芳
  • 若者文化 型破りトークライブ 沢畑亨×坂口恭平
  • “横綱”は熊本で誕生した 吉田長孝
  • 熊本の歴史文化と歴史資料 稲葉継陽

読書ノート

  • 今一度、徳永直の文学にふれよう ●徳永直『徳永直文学選集』Ⅰ・Ⅱ/高木陽助
  • 活かせなかった足尾鉱毒の経験 ●小松裕編『足尾鉱毒事件と熊本』/野口修一
  • 熊本方式で殺処分ゼロに ●松田光太郎『殺処分ゼロの理由(わけ)』/動物愛護関係者+編集部

創造の現場から

  • 今年も農村舞台で「薪文楽」を上演 清和文楽人形芝居

特集1 25年を経たくまもとアートポリス

  • 「自然に聞き、人と和す」くまもとアートポリス 桂英昭
  • 後世に引き継がれる都市へ 西嶋公一
  • 記憶の中のアートポリス、そしてこれから 松下純一郎
  • 天草市の新しい庁舎に寄せる思い 安田公寛

著者を訪ねて

  • 肥後古流、茶道小堀家十二代が綴った郷土の昭和史 『翠滴の記―本荘白川端春秋』を執筆した小堀富夫(談)

  • 自然主義的写実主義 緒方 信行

クマモトを読む

  • 水責めの恐怖の一夜と泥土の惨禍 ●『熊本県大水害写真集』/宮崎眞由美
  • 自著を語る 天草キリシタン史と南蛮文化 玉木譲

はじめての木下順二

  • 民話に「魂のふるさと」を見いだした劇作家 永田満徳
  • 「天草洋」三大古詩 鶴田文史

特集2 日中韓の民間交流

  • 民間の国際交流は新しい歴史を創る 米満弘之
  • 国と国の関係がどうであれ… 松島赫子
  • いろいろあっても中国市場は重要 大久保太郎
  • 熊本から世界へ 重光悦枝
  • お互いを正しく理解し、心からの友達に 筑紫汎三
  • 腹のなかでは友好的でも… 木庭實治

キラリ・人 いつも瑞々しい芸で一瞬を永遠に留めたい 吉村ゆみ(談)
テレビニュース今昔 岡崎幹雄
おじさんのピアノ奮戦記 人生のピアニスト目指して an弾手
掘り起こし熊本の歌 「人吉小唄」 福島竹峰(談)
漫画談義 振り子のように揺れる漫画に対する世間の評価 橋本博
チャーリー永谷さんに聞く 出会いを大切に、歌い続けたカントリー人生
「大逆事件犠牲者顕彰碑」を建立しよう! 廣島正
ハンセン病療養所の今 国宗直子
「放牛の歌」探訪記 光背に謎のうた刻んで 正田吉男

熊本の伝統料理

  • 熊本藩士の料理集より「ぎんあんてんふら」と「月かん(羹)」 戸次元子

荘口万太の狂句マンガ
小説 出口 上村清彦
映画にキッス 山崎けいの シネエッセー&映画新作紹介
創るシネマ 映画「放射線を浴びた〔X年後〕」 上田精一
熊本の古書店史あれこれ 天野屋のこと 柏原優一
21世紀の環境と健康 岳中耐夫
医者の独り言 熊本・「生と死を考える会」 宮本康志

医療相談室

  • 内科 林田信夫
  • 小児科 中島哲也
  • 歯科 清村正弥

政治の真実を求めて 「奈落」に落ちる日本国民 渡邉良明
行政に喝 地方議会の弱点 福山健氏
法の烽火 苓北火力発電所建設反対の裁判から三〇年 田尻和子
新聞時評 自民圧勝後の策動 冨田啓一郎
NPO法人くまもと文化振興会への御入会を訴える

4号

表紙絵画/池田道明「空蝉」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です