【目次】『KUMAMOTO』第12号

【『KUMAMOTO』第12号目次】

彫像のある風景 県立劇場周辺 写真・文 鈴木之夫
アーティストの主張 祖形 岩田恒介
県立劇場のロビー壁面より 古墳を描く 小材啓治
手作りでアンティークドールを復刻 旅人容子
私の一枚 麦田耕
巻頭言 質の高い文化は世界に伝播 宮崎眞由美
私の文化論 思いをのこす 柘植周子
閔妃殺害事件と熊本県人 中村青史
「永青文庫資料」総目録の刊行について 稲葉継陽
回春病院設立一二〇周年 グレイス・ノット顕彰を付け加えるにあたって 小笠原嘉祐

特集1 原発再稼働を考える

  • あなたは「脱原発」をどう考えますか 長曽我部久
  • 「熊本いいくに県民発電所」は日本の電力革命の旗を掲げます! 石原靖也
  • 自然エネルギーで集落を元気に 竹元茂一
  • 電力会社は原発に見切りを 宮崎憲二
  • 東日本大震災―災害廃棄物を処理して思うこと 反後堯雄

ピアノで広げる豊かな世界 日本人のアイデンティティを持ってピアノ文化を発展させていくために 樹原 涼子

  • 子どもにおはなしを本のたのしみを 横田 幸子

はじめての中村汀女 肥後の猛婦の反骨精神男性上位の俳句界に一石 永田満徳

読書ノート

  • 研究薄い分野に注目の指摘 ●岩本税『近世熊本の農村と社会』/松本寿三郎
  • 民話のワールド広がる ●寿咲亜似『あぎゃん話こぎゃん話』/小堀富夫
  • 隠れキリシタンは存在したか? ●原田正史『驚愕の九州相良隠れキリシタン』/益田啓三
  • 数多くの貴重な証言集める ●『70年目のよみがえる青春』/山野幸司
  • “戦場のリアル”、そして一筋の人間性 ●吉岡義一『零の進軍』/山下雅彦
  • 小西行長中心の権力側描写を ●玉木譲『天草河内浦キリシタン史』/中村青史

創造の現場から 子供たちの感性を磨くための音楽祭
「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録を考える 水野公寿
三角西港、世界遺産に 斉藤万芳
歴史遺産が町の救世主となるか? 宅野雄二朗

特集2 異民族の中で―熊本に住む外国人の意見

  • 石光真清の手記四部作に見る異民族交渉 西槇偉
  • 日中の友好こそ新たな戦争を止める 林康治
  • 日本人は「自主規制力」が強い 周大鈞
  • 異文化の中での真の共生 金末幸
  • 経済的安定が保守的・閉鎖的に 柳景沃
  • 東京・愛媛に比し、熊本はカタカー フェレロ・イヴ

漫画談義 クママン活動史二〇一二~二〇一五 変わりつつある熊本マンガ事情 橋本博
広告この70年 広告の背景を深読みする面白さ 坂口博輝
戯曲 フクシマ・ソナタ 上村清彦
とある音楽小紀行(2) 長渡純三
ある書店主への手紙(2)――本屋のある街づくりをめぐって 丹後杏一
古町を活かす 昭和の名残り残し、アートで再生〔河原町繊維問屋街〕 黒田恵子
和算への誘いⅢ 日本独自の数学を作った関孝和 上野健爾
熊本の伝統料理 熊本藩士の料理集より「和蛸」と「白身鯨至りて和らかに煮様」 戸次元子
映画にキッス 山崎けいの シネエッセー&映画新作紹介
創るシネマ 岐阜の反戦僧侶の映画化を企画中 上田精一
医者の独り言 子どもの情操は育てられるのか 出田秀尚

医療相談室

  • 内科 林田信夫
  • 血液内科 河野文夫
  • 泌尿器科 池田和義
  • 小児科 杉野茂人
  • 歯科 宮本格尚

21世紀の環境と健康(9) 寝汗について考える 岳中耐夫
政治の真実を求めて(12) 働きすぎの教師に考える時間を 野田邦治
新聞時評 首相の「おわび」、韓・中に通じるか 冨田啓一郎
法の烽火 法治の根幹 立憲主義 松野信夫

12号

表紙絵画/園田倬也

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です