【目次】『KUMAMOTO』第22号

【『KUMAMOTO』第22号目次】

彫像のある風景 霊巌洞・五百羅漢(雲巌禅寺) 写真・文 鈴木之夫
アーティストの主張 「気韻生動」 田内康敬
刻字 松岡桑琳
木目の〈美〉を引き出す木工芸家 戸田純一
私の一枚 「頂き」 緒方裕和
巻頭言 熊本人の知的レベルの高さ 藤好建史
私の文化論 前衛であり後衛であれ 松下純一郎
南京大屠殺死難者国家公祭に参加して 松島赫子
言論人・鳥居素川 没後九〇年
元老支配を批判、立憲主義の闘い 冨田啓一郎
徳永直没後六〇年を迎えて 高木陽助
立野ダムを造ってはならない理由 緒方紀郎
ノーベル平和賞授賞式参観報告 長曽我部久

特集1 熊本大地震からの復興

  • 避難所生活を体験して 山本友晴
  • 益城町の復興について 永田壮一
  • 復興・熊本城 矢加部和幸
  • 熊本洋学校教師館ジェーンズ邸再建に向けて 猪飼隆明
  • 仁王門の行方 池上正示
  • 漱石第五旧居 和田正隆
  • 揺れ続ける町屋 宮本茂史
  • 横井小楠記念館と「四時軒」の近況 松井浩

  • 映像作りが楽しいビデオクラブ 園田壽子

漫画談義 「忍者マンガ」の活用法「NINJA」と「MANGA」のコラボ 橋本博
熊本の祭り【川尻神宮秋季大祭(熊本市)】 年行司(氏子地区の輪番)で担当 吉村圭四郎

クマモトを読む

  • 合志義塾教育の実態に迫る ●『合志義塾』/向井ゆき子

はじめての今村潤子
自己剔出の俳句 永田満徳
クラリネットに魅せられて ハロルド・ライト氏は永遠に 古澤嗣佳子
古町を活かす 古町と熊本地震と私【唐人町・紺屋町界隈】 反後人美
記念館を訪ねて 安達謙蔵、三賢堂を建つ 古賀一正

特集2 プロとアマチュア

  • 生業とは別次元の芸術論もあっていい 宮崎眞由美
  • 車券への責任の重さと決意 仲山桂
  • 売れない写真家になるには 長野良市
  • 私の仕事と趣味・映像制作 岡松宏泰
  • 肥後琵琶との出会い 玉川京演
  • アマチュア百姓のすすめ 山本哲郎

小説 台風 井川捷
美術のこみち 熊本にある近・現代の屋外肖像彫刻名作六選
中村晋也作《菊池武光公》 関根浩子
自著を語る 『子供の世界』「あとがき」のあとがき 古閑章
NHK熊本放送局開局九〇周年 テレビ放送六〇年の軌跡 藤城芳之
ピアノボランティアから得たもの 山口利恵子
滝本泰三先生、ありがとうございました 清田公介
映画にキッス 山崎けいの シネエッセー&映画新作紹介
創るシネマ 「カレーライスを一から作る」人間はいのちをいただいて生きている 上田精一
21世紀の環境と健康 認知症について考える 岳中耐夫

医療相談室

  • 内科 林田信夫
  • 血液内科 河野文夫
  • 小児科 杉野茂人
  • 呼吸器科 吉永健
  • 耳鼻咽喉科 湯本英二
  • 眼科 出田秀尚
  • 歯科 宮本格尚

政治の真実を求めて 働きすぎの社会をただす 野田邦治
新聞時評 世論を無視する「安倍式」改憲 冨田啓一郎
行政に喝 「西郷(せご)どん」と地方政治 福山健氏
法の烽火 一括法案は問題だ 松野信夫

22号

表紙絵画/本村徹郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です