【目次】『KUMAMOTO』第23号

【『KUMAMOTO』第23号目次】

彫像のある風景 エコパーク水俣 写真・文 鈴木之夫
アーティストの主張 上田龍子
竹に新たな命 小串照彦
県立劇場のロビー壁面より いのちの息吹きを表現 堀本知子
私の一枚 小山淡花子
巻頭言 熊本の文化遺産、ジェーンズ邸の早期再建と公開を! 木下智夫
私の文化論 柔軟な発想と連携 田崎龍一
阿蘇学会を設立して 谷口功
相愛社結成一四〇年 自由と民権を求めた明治の青年たち 水野公寿
松田喜一没後五〇年 「国策」満州開拓農業移民を推進 内田敬介
松田喜一の名言と私淑した八淵蟠龍師 相藤克秀

特集1 「文芸誌」の行方を問う

  • 文芸誌今昔雑感 中村青史
  • 月刊文芸誌『詩と眞實』の行方 今村有成
  • 崖っぷちを楽しむ 麦田雅弘
  • 『アンブロシア』の場合 藤坂信子
  • 文学を通して社会の民主的発展に貢献 小田憲郎
  • 『湧水』を語る 田代格
  • 『ぺれそっそ』創刊から一四年 鍬田吉豊
  • 文芸誌『木綿葉』の流れと展望 松原健
  • 『文藝風流』創刊から終刊まで 吉岡七郎

記念館を訪ねて 人民の健康のための医学 北里柴三郎記念館 古賀一正

  • 至福のひととき 戸田東蔭

はじめての正木ゆう子 融通無碍なる句集『羽羽』 永田満徳
汀女の句誌『風花』の終刊と初期編集者の富本一枝 中山修一
文暁著『花屋日記』再評価 眞杉泰輝
漫画談義 マンガの力で地域を創生する「地域紹介マンガ」事例報告 橋本博

特集2 熊本の珍しかもん

  • 天草の海でサーモンを養殖 浜田真和(談)
  • 献上菓子「かせいた」 髙木恭二・木下洋介
  • 楽しく遊べる人吉のウンスンカルタ 鶴上寛治
  • 「南関揚げ」考 大里耕守
  • 相良名物「球磨拳」の魅力 前田一洋

クマモトを読む

  • 時代の潮流に投じた一門の人々 ●『佐々家覚え書』/佐々瑞雄

夏目漱石『満韓ところどころ』紀行(2) 漱石が見た大連の風景と日本人たち 坂元昌樹
小説 大正残酷ものがたり 馬本貴明
クラリネットに魅せられて 音楽は世界の共通語・ハンカチーフは欠かせない 古澤嗣佳子

キラリ・人

  • 「地域再生大賞」優秀賞を受賞 宮永マス子さん

美術のこみち 熊本にある近・現代の屋外肖像彫刻名作六選
北村西望作《加藤清正公像》 関根浩子
いれずみ文化(1) 『魏志倭人伝』と記紀に見るいれずみ 小野友道
文化の中のスポーツ(1) 村田恵造
ICANノーベル平和賞受賞経緯 長曽我部久
故・島田真祐君を偲ぶ 島田美術館館長になって 橋元俊樹
熊本の伝統料理 「柚べし」と「はえびんた煮様」 戸次元子
映画にキッス 山崎けいの シネエッセー&映画新作紹介
創るシネマ 「女になる」が完成自分らしく生きること 上田精一
21世紀の環境と健康 診療報酬と性同一性障害 岳中耐夫

医療相談室

  • 内科 林田信夫
  • 血液内科 河野文夫
  • 呼吸器科 吉永健
  • 泌尿器科 池田和義
  • 耳鼻咽喉科 湯本英二
  • 眼科 出田秀尚
  • 歯科 宮本格尚

政治の真実を求めて 憲法改正の動きは? 野田邦治
新聞時評 人口減少に「成長路線」は通じない 冨田啓一郎
行政に喝 「オヤジ」の力 福山健氏
法の烽火 国家戦略特区の問題点 松野信夫

23号

表紙絵画/本村徹郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です