【目次】『KUMAMOTO』第25号

【『KUMAMOTO』第25号目次】

彫像のある風景 八代市 写真・文 鈴木之夫
アーティストの主張 松永健志
クロッキーをするということ 森信也
県立劇場のロビー壁面より 油絵具への想いから 舌間年子
私の一枚 遠坂和子
巻頭言 日本国憲法と沖縄 中村青史
私の文化論 現代から未来へ 文化の継承 古川寛子
ブラジル移民一一〇周年
「ブラジル移民の父」上塚周平 米原尋子
阿蘇市の口承文芸 星野岳義
「おひとりさまの最期」を看取って 田尻和子

特集1 わたし、今、怒ってます

  • それでも立野ダムを造るのか 緒方紀郎
  • 人吉海軍航空基地跡に恒久平和の願いを込めて 多田喜一郎
  • 馬への虐待は絶対許せぬ―藤崎宮例大祭 髙宮宏
  • 生活弱者を蔑ろにするな 井田高史
  • 文化施設と高齢化社会 森田正孝
  • 今の金儲け映画に怒っています 江川知弘
  • ハンチントンと「うさぎと亀」の話から何を学ぶか 儀間敏彦

  • 熊本の人間力を伝えたい 星野菊子

読書ノート

  • 自己の主体を生涯にわたって変革 ●藤間生大『希望の歴史学』/島津義昭
  • 被災の状況が鮮明に ●上通商栄会編『街は記憶する 3』/河島一夫

記念館を訪ねて 西郷どんも立寄った大名の休憩所 御馬下の角小屋 古賀一正
いれずみ文化(3) 女のいれずみ―通過儀礼 小野友道
美術のこみち 熊本にある近・現代の屋外肖像彫刻名作六選
田島亀彦作《横井小楠先生像》 関根浩子
『満漢ところどころ』紀行 歴史の記憶と現在 申福貞
はじめての熊本ゆかりの詩人 阿蘇生まれの蔵原伸二郎 岩本晃代
漫画談義 熊本に吹きまくる「マンガ台風の目」 尾田、堀江、クママンプロジェクトの行方 橋本博

特集2 くまもとの音楽風景

  • 熊本県の吹奏楽事情 早川英一
  • 「子どもから育てる」オーケストラ 山口邦子
  • 「泉のコンセール」、ドイツで演奏 光永浩一郎
  • 鼓声とともに―「能楽」を継承する 飯冨章宏
  • 二歳から箏を習って今日まで 松下知代
  • 風に吹かれて~50歳からのライブハウス 内野昌時
  • 地方劇場の果たした役割をどう見るか 山田高誌

ジャンルを超えて異文化融合の世界を拡げる作曲家・ピアニスト志娥慶香さん 鮎川久雄
小説 まつりのとき 北水杳
古町を活かす/練兵町界隈 熊本城や繁華街も徒歩圏内の古くて新しい街 山田治子
石牟礼道子の「沖宮」の能衣裳を監修した志村ふくみの原風景 中山修一
義士遺髪塔が取り持つ 赤穂と山鹿の縁 木村理郎
『去来抄』「故実」小考 眞杉泰輝
熊本の祭り 小一領神社 町のたから次世代に伝えたい 坂本和彦
森國久氏、県文化功労者に!
21世紀の環境と健康 太っていなくても生活習慣病に罹っている 岳中耐夫
映画にキッス 山崎けいの シネエッセー&映画新作紹介
創るシネマ 映画化のきっかけは監督の苦い体験 上田精一
政治の真実を求めて 改正労働契約法をめぐる現場の動き 野田邦治
新聞時評 無責任社会の象徴障害者雇用水増し 冨田啓一郎
行政に喝 現れよ、自治体に賢人 福山健氏
法の烽火 大坂なおみ選手の国籍 松野信夫

25号

表紙絵画/本村徹郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です