タグ: くまもと文化振興会

【目次】『KUMAMOTO』第26号

【『KUMAMOTO』第26号目次】

彫像のある風景 金栗四三のふるさと 写真・文 鈴木之夫
アーティストの主張 森本猛
刺繍で虫を産む ながふちなほみ
今宵は素敵なお酒を(図版のみ)
私の一枚 管慶司
巻頭言 米を研ぐ 宮崎眞由美
私の文化論 自分の井戸をもつこと、それを守ること 津留清美
「いだてん」の基となった『走れ二十五万キロ マラソンの父 金栗四三伝』復刻版 父・長谷川孝道の執念の執筆 樹原涼子
3・1独立運動一〇〇周年にあたって 東アジアの冷戦体制崩壊を考える 田中信幸

特集1 「平成時代」とは何であったか

  • 同学年としての平成天皇 中村青史
  • 平成元年生まれの実感 齋藤仁志
  • 「小さな声」をどう聞くか 高峰武
  • 自然災害の時代・平成 矢加部和幸
  • 平成時代と文学の行方 半藤英明
  • 熊本県歌人協会の発足から現在まで 橋元俊樹
  • 五輪考 井薫
  • 平成の自然災害を振り返る 堤克彦
  • 金融恐慌と国家市場経済の破綻 坂本正
  • 国際政治から見た平成日本 下斗米伸夫
  • 極私的「平成の感傷記」 井上智重

記念館を訪ねて 神風連烈士の墓と遺品 神風連資料館 松井浩
夏目漱石『満韓ところどころ』紀行(4) 漱石が見た日露戦跡を訪ねて 劉静華

  • 全国をめぐる紙芝居屋“ぐれっち” 小暮都

読書ノート

  • 少女漫画が生まれた土壌 ●村崎修三『想い出の少女雑誌物語』/藤本由香里

清正公さんの「ジバン」を解く ●伊藤なお枝『清正公の南蛮服』/池上正示
はじめての熊本ゆかりの詩人 丸山薫と父・重俊 岩本晃代
美術のこみち 熊本にある近・現代の屋外肖像彫刻名作六選
石原昌一作《鞠智城温故創生之碑》の群像と憶礼福留 関根浩子
漫画談義 マンガと妖怪の不思議な親和性―熊本は五番目の「怪遺産」に認定されうるか 橋本博
小説 しあわせばあさん ものしりばあさん 由富章子

特集2 今夜は素敵なお酒を

  • 「城まちナイト」と「熊本ハイボール」 東谷口一雄
  • 「Rising Sun 復興の夜明け」と「武蔵 MUSASHI」 金子公太郎
  • 赤酒の由来 吉村圭四郎
  • 「夢小町」と「SOSEKI」(漱石) 徳丸純二
  • 「La vie est belle ラ・ヴィ・エ・ベル」と「銀杏城」 豊川紗佳
  • 三〇種類のクラフトビールを作りふるまう 鍛島悠作
  • 「おてモン」ショートカクテルとロングカクテル二種 木本弓恵
  • 熊本初のクラフトジン「jin jin GIN」 高田恭奈

古町を活かす/花畑・桜町界隈 歴史的に常に魅力ある中心部 吉丸良治
自著を語る・『「じゃなかしゃば」新しい水俣』「じゃなかしゃば」とは 吉井正澄
熊本の祭り/「足手荒神祭」甲斐神社 手足の守り神として 荒尾俊比古
映画音楽の魅力 わたしの記憶に鮮烈に残るとっておきの名作 志娥慶香
ハナシノブ考あるいは「沖宮」考 中山修一
熊本の伝統料理 熊本藩士の料理集より「かまぼこ」と「うどん」 戸次元子
映画にキッス 山崎けいの シネエッセー&映画新作紹介
創るシネマ 「あの日のオルガン」全国順次公開 上田精一
医者の独り言 流感雑感―この冬をのりきろう 宮本康志

医療相談室

  • 内科 林田信夫
  • 小児科 駒木智
  • 血液内科 河野文夫
  • 呼吸器科 吉永健
  • 泌尿器科 池田和義
  • 耳鼻咽喉科 湯本英二
  • 整形外科 高橋知幹

政治の真実を求めて 専守防衛は昔のこと 軍拡競争は危険な道 野田邦治
新聞時評 浸透する安い外国人労働力 冨田啓一郎
行政に喝 墓石が二つ 福山健氏
法の烽火 いつの間にか成立法案 松野信夫

26号

表紙絵画/本村徹郎

【目次】『KUMAMOTO』第25号

【『KUMAMOTO』第25号目次】

彫像のある風景 八代市 写真・文 鈴木之夫
アーティストの主張 松永健志
クロッキーをするということ 森信也
県立劇場のロビー壁面より 油絵具への想いから 舌間年子
私の一枚 遠坂和子
巻頭言 日本国憲法と沖縄 中村青史
私の文化論 現代から未来へ 文化の継承 古川寛子
ブラジル移民一一〇周年
「ブラジル移民の父」上塚周平 米原尋子
阿蘇市の口承文芸 星野岳義
「おひとりさまの最期」を看取って 田尻和子

特集1 わたし、今、怒ってます

  • それでも立野ダムを造るのか 緒方紀郎
  • 人吉海軍航空基地跡に恒久平和の願いを込めて 多田喜一郎
  • 馬への虐待は絶対許せぬ―藤崎宮例大祭 髙宮宏
  • 生活弱者を蔑ろにするな 井田高史
  • 文化施設と高齢化社会 森田正孝
  • 今の金儲け映画に怒っています 江川知弘
  • ハンチントンと「うさぎと亀」の話から何を学ぶか 儀間敏彦

  • 熊本の人間力を伝えたい 星野菊子

読書ノート

  • 自己の主体を生涯にわたって変革 ●藤間生大『希望の歴史学』/島津義昭
  • 被災の状況が鮮明に ●上通商栄会編『街は記憶する 3』/河島一夫

記念館を訪ねて 西郷どんも立寄った大名の休憩所 御馬下の角小屋 古賀一正
いれずみ文化(3) 女のいれずみ―通過儀礼 小野友道
美術のこみち 熊本にある近・現代の屋外肖像彫刻名作六選
田島亀彦作《横井小楠先生像》 関根浩子
『満漢ところどころ』紀行 歴史の記憶と現在 申福貞
はじめての熊本ゆかりの詩人 阿蘇生まれの蔵原伸二郎 岩本晃代
漫画談義 熊本に吹きまくる「マンガ台風の目」 尾田、堀江、クママンプロジェクトの行方 橋本博

特集2 くまもとの音楽風景

  • 熊本県の吹奏楽事情 早川英一
  • 「子どもから育てる」オーケストラ 山口邦子
  • 「泉のコンセール」、ドイツで演奏 光永浩一郎
  • 鼓声とともに―「能楽」を継承する 飯冨章宏
  • 二歳から箏を習って今日まで 松下知代
  • 風に吹かれて~50歳からのライブハウス 内野昌時
  • 地方劇場の果たした役割をどう見るか 山田高誌

ジャンルを超えて異文化融合の世界を拡げる作曲家・ピアニスト志娥慶香さん 鮎川久雄
小説 まつりのとき 北水杳
古町を活かす/練兵町界隈 熊本城や繁華街も徒歩圏内の古くて新しい街 山田治子
石牟礼道子の「沖宮」の能衣裳を監修した志村ふくみの原風景 中山修一
義士遺髪塔が取り持つ 赤穂と山鹿の縁 木村理郎
『去来抄』「故実」小考 眞杉泰輝
熊本の祭り 小一領神社 町のたから次世代に伝えたい 坂本和彦
森國久氏、県文化功労者に!
21世紀の環境と健康 太っていなくても生活習慣病に罹っている 岳中耐夫
映画にキッス 山崎けいの シネエッセー&映画新作紹介
創るシネマ 映画化のきっかけは監督の苦い体験 上田精一
政治の真実を求めて 改正労働契約法をめぐる現場の動き 野田邦治
新聞時評 無責任社会の象徴障害者雇用水増し 冨田啓一郎
行政に喝 現れよ、自治体に賢人 福山健氏
法の烽火 大坂なおみ選手の国籍 松野信夫

25号

表紙絵画/本村徹郎

【目次】『KUMAMOTO』第24号

【『KUMAMOTO』第24号目次】

彫像のある風景 菱形八幡宮・円台寺地区 写真・文 鈴木之夫
アーティストの主張 絵の世界の奥深さ 東輝雄
ステンレスアート 池田桂一
県立劇場のロビー壁面より 温石からはじまった私の「表現」 緒方麻子
私の一枚 茂里卓志
巻頭言 芸術に感謝する理由 西本寛
私の文化論 入院しながら文化について考える 入部祥子
中村汀女没後三〇年にあたって 汀女主宰誌『風花』創刊前後の人間群像 中山修一

特集1 明治維新150年と近代熊本

  • 明治維新150年と平和の選択 猪飼隆明
  • マンスフェルトと古城医学校 松﨑範子
  • 熊本バンド―現代に繋がる熊本洋学校の最大遺産 岩井善太
  • ジェーンズが行なった食と農の改革 古江睦明
  • 読まずに死ねるか! 「城下の人」 宮本一路
  • 蘆花は大逆事件とどう向き合ったか 小原妙子
  • 宮崎民蔵、葛藤の軌跡 野田真衣
  • 男の「明治維新」と女の「明治維新」 堤克彦
  • 「肥後の維新」を再考するために 今村直樹

いれずみ文化(2) 薩摩武者のいれずみ 小野友道

  • 金峰山挑戦一万回達成 岡本豊治

クマモトを読む

  • 鎮魂と警世の書 ●上田穣一ら編著『大逆事件と熊本評論』/小田憲郎

「オイディプス王」から映画「声」まで~「ゼーロンの会」の軌跡 池上正示
漫画談義 マンガの力で大学を元気に
熊本の大学の新たな挑戦 橋本博
はじめての村上春樹 最新長編『騎士団長殺し』と熊本 跡上史郎

特集2 くまもとの音楽風景

  • 文化芸術の拠点館としての県立劇場 本田恵介(談)
  • たかが民謡、されど民謡 本條秀美
  • ギターは楽し 片山辰夫
  • 「私は私」―ドラマチックにシャンソンを歌い続けたい 中村春子
  • 「ピアノの領域」ふたたび 吉田秀晃
  • ストリートで 葉山耕司

記念館を訪ねて 日本人よりも「日本」を愛した西洋人 小泉八雲熊本旧居 古賀一正
古町を活かす/京町界隈 地震で街は変わっても、わが愛しの京町 池田さとみ
小説 宮本 右田洋一郎
クラリネットに魅せられて 汗を拭う時もハンカチーフ! 古澤嗣佳子
自著を語る・『みな、やっとの思いで坂をのぼる』
「悶え加勢する」相思社でありたい 永野三智
美術のこみち 熊本にある近・現代の屋外肖像彫刻名作六選
朝倉文夫作《谷干城像》 関根浩子
熊本の祭り 風鎮祭ものがたり 山村唯夫
文化の中のスポーツ(2) 村田恵造
21世紀の環境と健康 認知症について考える 岳中耐夫
映画にキッス 山崎けいの シネエッセー&映画新作紹介
創るシネマ 「もうろうをいきる」生きていることに意味がある 上田精一

医療相談室

  • 内科 林田信夫
  • 小児科 駒木智
  • 血液内科 河野文夫
  • 呼吸器科 吉永健
  • 泌尿器科 池田和義
  • 耳鼻咽喉科 湯本英二
  • 眼科 出田秀尚
  • 歯科 宮本格尚

政治の真実を求めて 高校再編の進む裏側では 野田邦治
新聞時評 人手不足、外国人移民頼みの応急策 冨田啓一郎
行政に喝 日大アメフト部と地方自治 福山健氏
法の烽火 外国人技能実習制度の建前と本音 松野信夫

24号

表紙絵画/本村徹郎

【目次】『KUMAMOTO』第23号

【『KUMAMOTO』第23号目次】

彫像のある風景 エコパーク水俣 写真・文 鈴木之夫
アーティストの主張 上田龍子
竹に新たな命 小串照彦
県立劇場のロビー壁面より いのちの息吹きを表現 堀本知子
私の一枚 小山淡花子
巻頭言 熊本の文化遺産、ジェーンズ邸の早期再建と公開を! 木下智夫
私の文化論 柔軟な発想と連携 田崎龍一
阿蘇学会を設立して 谷口功
相愛社結成一四〇年 自由と民権を求めた明治の青年たち 水野公寿
松田喜一没後五〇年 「国策」満州開拓農業移民を推進 内田敬介
松田喜一の名言と私淑した八淵蟠龍師 相藤克秀

特集1 「文芸誌」の行方を問う

  • 文芸誌今昔雑感 中村青史
  • 月刊文芸誌『詩と眞實』の行方 今村有成
  • 崖っぷちを楽しむ 麦田雅弘
  • 『アンブロシア』の場合 藤坂信子
  • 文学を通して社会の民主的発展に貢献 小田憲郎
  • 『湧水』を語る 田代格
  • 『ぺれそっそ』創刊から一四年 鍬田吉豊
  • 文芸誌『木綿葉』の流れと展望 松原健
  • 『文藝風流』創刊から終刊まで 吉岡七郎

記念館を訪ねて 人民の健康のための医学 北里柴三郎記念館 古賀一正

  • 至福のひととき 戸田東蔭

はじめての正木ゆう子 融通無碍なる句集『羽羽』 永田満徳
汀女の句誌『風花』の終刊と初期編集者の富本一枝 中山修一
文暁著『花屋日記』再評価 眞杉泰輝
漫画談義 マンガの力で地域を創生する「地域紹介マンガ」事例報告 橋本博

特集2 熊本の珍しかもん

  • 天草の海でサーモンを養殖 浜田真和(談)
  • 献上菓子「かせいた」 髙木恭二・木下洋介
  • 楽しく遊べる人吉のウンスンカルタ 鶴上寛治
  • 「南関揚げ」考 大里耕守
  • 相良名物「球磨拳」の魅力 前田一洋

クマモトを読む

  • 時代の潮流に投じた一門の人々 ●『佐々家覚え書』/佐々瑞雄

夏目漱石『満韓ところどころ』紀行(2) 漱石が見た大連の風景と日本人たち 坂元昌樹
小説 大正残酷ものがたり 馬本貴明
クラリネットに魅せられて 音楽は世界の共通語・ハンカチーフは欠かせない 古澤嗣佳子

キラリ・人

  • 「地域再生大賞」優秀賞を受賞 宮永マス子さん

美術のこみち 熊本にある近・現代の屋外肖像彫刻名作六選
北村西望作《加藤清正公像》 関根浩子
いれずみ文化(1) 『魏志倭人伝』と記紀に見るいれずみ 小野友道
文化の中のスポーツ(1) 村田恵造
ICANノーベル平和賞受賞経緯 長曽我部久
故・島田真祐君を偲ぶ 島田美術館館長になって 橋元俊樹
熊本の伝統料理 「柚べし」と「はえびんた煮様」 戸次元子
映画にキッス 山崎けいの シネエッセー&映画新作紹介
創るシネマ 「女になる」が完成自分らしく生きること 上田精一
21世紀の環境と健康 診療報酬と性同一性障害 岳中耐夫

医療相談室

  • 内科 林田信夫
  • 血液内科 河野文夫
  • 呼吸器科 吉永健
  • 泌尿器科 池田和義
  • 耳鼻咽喉科 湯本英二
  • 眼科 出田秀尚
  • 歯科 宮本格尚

政治の真実を求めて 憲法改正の動きは? 野田邦治
新聞時評 人口減少に「成長路線」は通じない 冨田啓一郎
行政に喝 「オヤジ」の力 福山健氏
法の烽火 国家戦略特区の問題点 松野信夫

23号

表紙絵画/本村徹郎

1 2 3 7